ランキング

日経平均1202円安、出来高16億8876万株、2万9000円割れの安値引け

日経平均株価は前日比1202円26銭安の2万8966円01銭、米国金利急上昇で日米株価急落。coly(4175)公開価格4130円に対して約2倍の8450円で初値、室町ケミカル(4865)は公開価格820円に対して、73%高い1424円で初値、エイチーム(3662)がストップ高まで買われた。スクウェア・エニックスホールディングス(9684)と「ファイナルファンタジーⅧ ザ ファーストソルジャー」を共同開発
ランキング

日経平均株価3万円割れはファンドの解約との見方で利益確定の売り交錯

ファーストリテイリング株価が10万円台になったことも話題になっている、日東精工(5957)株価はストップ高、日経平均株価は3日続落、前日比218円17銭安の3万17円92銭で終了。約30年半ぶりに3万円台に乗せたところで、節目達成感から投資家から利益確定売り
ランキング

ソニー・ミュージックエンタテイメントがコバルト・ミュージック買収

東証マザーズ市場は続伸、個別銘柄ではBASE(4477)、AI inside(4488)、ロボット投信のウェルスナビ(7342)、アンジェス(4563)、ココペリ(4167)、TKP(3479)などが買われた。ソニー・ミュージックエンタテイメントがアメリカのコバルト・ミュージック買収して音楽コンテンツ強化へと言う報道が好感された。
ランキング

車載用マイコン、ルネサスエレクトロニクス株価上昇

世界中で半導体不足が起きて自動車メーカーは生産が追い付かないという現象に陥っている。車載用マイコン大手ルネサスエレクトロニクス株価は投資家から注目株として物色されて株価上昇、日経平均株価はこの日の高値引けとなった。
ランキング

日経平均株価6日ぶりに反落、目先の材料出尽くしにて利益確定売り優勢

U-NEXT動画配信サービス利用者が増え売上予想コンセンサスを上回り株価値上がり率ランキング1位。2021年1月15(金曜日)東京株式市場は日経平均株価6日ぶりに反落、目先の材料出尽くしにて利益確定売り優勢
ランキング

日経平均株価1990年8月15日以来、30年5ヶ月ぶりに2万8000円台

日経平均株価は前日比648円90銭高の2万8139円03銭、TOPIXは28.64ポイント高の1854.94ポイントで終了。1990年8月15日以来、30年5ヶ月ぶりに2万8000円台を回復して高値引けとなった。
ランキング

2020年大納会は日経平均株価2万7444円、2021年は3万円超え予想

大納会日経平均株価終値は2万7444円17銭、年末終値としては1989年以来、31年ぶりの高値。前日に約30年4ヶ月ぶりに心理的な節目となる2万7000円を達成したことで午前中は売り優勢で始まった。マザーズに新規上場したオンデック(7360)が上場2日目に公開価格の2.9倍となる、4500円で初値
ランキング

オンライン本人確認システム関連銘柄ショーケース(3909)株価上昇ストップ高

金融庁が金融機関に複数の手段で本人確認する多要素認証を義務付ける方針と報じたことで、オンライン本人確認システム関連銘柄としてショーケース(3909)が株価上昇ストップ高まで買われた。水素関連銘柄では三菱重工業(7011)が水素製鐵設備を材料に買われ、川崎重工業(7012)も堅調
ランキング

ファイザー製薬が新型コロナウイルスワクチンの年内供給目標を引き下げ

ファイザー製薬が新型コロナウイルスワクチンの年内供給目標を引き下げたことで東京株式市場では週末利益確定売りにより4日ぶりに日経平均株価が下落した。日経平均寄与度の大きいファーストリテイリング、東京エレクトロン株価下落、ソフトバンクグループ、KDDI、ファナックなども値下がりした。
ランキング

東京ドームTOB(株式公開買付)三井不動産が買収額1205億円で完全子会社化

東京ドームTOB(株式公開買付)三井不動産が買収額1205億円で完全子会社化、東京ドーム株価はストップ高1047円(150円高)となった。投資ファンド「オアシスマネジメント」が投資選定銘柄にTOBが相次ぎ、証券関係者や投資家からオアシスマネジメント投資先銘柄を物色する動き
タイトルとURLをコピーしました