ランキング

アンジェス株価急落ストップ安と相場に与える影響

バイオ関連株-新型コロナウイルス治療薬 5月8日の日本株市場は東証マザーズ上場のバイオベンチャー、アンジェス株価ストップ安が大きな話題となった。新型コロナウイルス感染者拡大による世界経済悪化、都市封鎖のロックダウンで外出規制や、飲食...
ランキング

非常事態宣言の延長による経済影響を懸念して日経平均株価下落

5月1日の日経平均株価終値は前日比574円34銭安の1万9619円35円と急反落、TOPIXは32.77ポイント安の1431.26ポイントで終了。東証一部の出来高は13億6465万株、売買代金は2兆2980億円、値上がり銘柄数314、値下がり銘柄数1807だった。
ランキング

CTA商品投資顧問や海外ヘッジファンドが日本株買戻し

アメリカのバイオ製薬会社が新型コロナウイルス治療薬の治験結果で良好だと伝わり、CTA(商品投資顧問)など海外ヘッジファンドの買戻しが入り、ソフトバンクグループ、ファーストリテイリング、リクルートホールディングスなどが大幅高
ランキング

海外ヘッジファンドが株価指数先物売り新型コロナウイルス感染拡大

海外ヘッジファンドによる日経平均先物売り、TOPIX先物売りが出て相場を下げているとの推測。日経平均株価は140円14銭安の2万3687円59銭、TOPIXは10.21ポイント安の1702.87ポイント、東証一部の出来高は13億5175万株、売買代金は2兆4068億5500万円、値上がり銘柄674、値下がり銘柄1394
ランキング

IPOジモティー初値2.3倍の2300円、公開価格1000円を大幅に上回る

2月7日に新規公開したジモティー(7082)は上場初日に初値が付かず、上場2日目に公開価格1000円の2.3倍になる2300円で初値をつけた。初値形成後は2338円まで上昇した後に、2000円割れの水準でもみ合い。
ランキング

香港人権民主主義法が成立トランプ大統領が署名

香港人権民主主義法が成立トランプ大統領が署名 アメリカ・トランプ大統領が香港人権民主主義法に署名して法案が成立した。香港では大学内に立てこもる学生と香港警察が激化、市街地でのデモ激化などで観光客の減少、香港経済悪化が懸念されている他、中国...
ランキング

田辺三菱製薬TOB(株式公開買付)三菱ケミカルHDが100%子会社化

田辺三菱製薬TOB価格1株2010円、三菱ケミカルホールディングスが2019年11月18日引け後に株式公開買付開始を発表。田辺三菱製薬株価1338円に対してTOB価格2010円は超プレミア価格となりTOB成立する模様
ランキング

香港株安・米中合意署名の日程場所が不透明なことで世界同時株安

米国株式市場はトランプ大統領が、米中合意署名の日程や場所について言及しなかった事や、香港デモで大学生の死者が出た事による政府 vs 香港市民の和解の目処が立たないことで香港株式市場が大幅安となったことも日本株利益確定売りを加速させた。
ランキング

日経平均株価8日ぶりに反落、米国FOMC結果待ちの様子見

FRB金融政策・利下げ継続か見極めムード 10月30日の日本株市場は8日振りの反落、米国FOMCの結果を見極めるまで様子見ムードが強い中、5Gサービスによる業績拡大見込みのNTTドコモが買われ、ITサービス受注減となったNECが売られた。...
ランキング

トランプ大統領弾劾問題から政府不安が再燃し運用リスク回避の売り

世界株価指数は運用リスク回避の売りが優勢 米国政治不安や香港情勢、米中貿易摩擦が世界株式・債券為替運用リスク回避の売りを誘発している。9月27日の日経平均株価は後場に下げ幅を拡大して314円安まで下落した。 株式市場関係者の間では朝...
タイトルとURLをコピーしました