ランキング

TATERU国土交通省が業務停止命令からリバウンド狙いの株価急反発

TATERU株価リバウンド狙いの大幅高 東証一部値上がり率ランキング1位はTATERUとなった。国土交通省が同社に業務停止命令を発表して株価急落後、先週安値162円まで売り込まれた分、リバウンドを狙った投資家の買いが株価急反発の理由となっ...
ランキング

千代田化工建設下落、日経平均入替予想レポートが売り需要

千代田化工建設が日経平均採用銘柄から除外 千代田化工建設株価が下落した、国内証券から日経平均採用銘柄の入替予想で同社が除外されるとのレポートをリリースしたと市場関係者の間で広まったことが売り需要を懸念した売りや、先回り売りの投資家が仕掛け...
ランキング

ジャパンディスプレイ米国アップルが金融支援報道で株価急上昇

経営再建ジャパンディスプレイへ金融支援 東証一部市場ではジャパンディスプレイ株価が大幅高、米国アップルが金融支援との報道や、中国、台湾のファンドなどから金融支援で経営再建が進むとの期待感と、株価2ケタという低位株で値動きの良さと手掛けやす...
ランキング

新興市場バイオ株活況、そーせい、ソレイジアファーマ、オンコリス

そーせいグループ売買代金ランキング1位 東証マザーズ市場ではバイオ関連株が活況、そーせいグループが売買代金ランキングトップ、ソレイジアファーマ、オンコリスバイオファーマ、リボミック、サンバイオ、アンジェスなど投資家に人気の高い銘柄が買...
ランキング

日本アジア投資ストップ高、壱番屋営業利益が前年同期比40.7%増

壱番屋好決算、日本通信SIM発売を発表 東証一部市場の上昇率ランキングトップは日本アジア投資、前日から動意付き値幅制限上限の80円高の311円ストップ高買い気配となった。coco壱番カレー運営の壱番屋は営業利益が前年同期比40.7%増の1...
ランキング

新規株式公開Sansan初値4760円、公開価格4500円を5.8%上回る

Sansan上場初日にストップ高 新規公開Sansan(4443)が人気化した、マザーズ市場へ2019年6月19日にIPOとして登場。公開価格4500円に対してSansan初値4760円、公開価格を5.8%上回った。初値形成後も買い優勢と...
ランキング

クボテック株価ストップ高、フライホイール蓄電システム期待

株価材料・値動きの良い銘柄に投資資金が集中 東証一部ではクボテック(7709)が値幅制限一杯のストップ高まで急騰、フライホイール蓄電システムへの期待感と値動きの軽さが投資家の注目株となった。レーティング効果が大きかったのは東芝テック(65...
ランキング

リボミック「RBM-007」眼科疾患の滲出型加齢黄斑変性への離床試験

新興市場銘柄は日替わり物色で銘柄入替 東証マザーズ市場売買代金上位トップは、バイオベンチャーのリボミック(4591)がランクイン。開発薬「RBM-007」眼科疾患の滲出型加齢黄斑変性を対象にした臨床試験で良好な結果が出たと開示されて投資家...
ランキング

ビューティーガレージ自社株買い、DLE短期資金で買われ大幅高

世界中の投資家が注目する米FOMC来週6月18日~19日に米国FOMCを控え、東京株式市場は低水準の売買代金が続き、材料の出た個別銘柄をピンポイントで狙う相場展開が続いている。世界
ランキング

任天堂どうぶつの森発売延期、ジャパンディスプレイ損失拡大で株安

値嵩株急落、任天堂・東京エレクトロン ゲーム見本市E3で任天堂がどうぶつの森を2019年発売予定から、2020年3月に延期したことを嫌気して株価急落。ジャパンディスプレイ構造改革案の発表は損失拡大見通しになることが投資家に嫌気されて株価下...
タイトルとURLをコピーしました