日経平均・TOPIX年初来安値更新、ソフトバンクG下落寄与

東証ランキング ランキング

東証一部値下がり率ランキング(2018年12月20日)

米国FOMC通過後、ソフトバンク上場後も投資家のセンチメントは悪化したままで、米国株安、円高、株安が続いている。日経平均株価とTOPIXは年初来安値を更新。信用取引による追証発生の見切り売りが続出。

東証一部不下落率ランキング上位には、石川製作所、平田機工、ヨシムラ・フード、エンシュウ、グレイステクノロジーなど、一時期株価上昇により高値掴みのシコリ玉が投げ売り下げ加速。

マザーズ市場ではエルテス(3967)がストップ安500円安の1996円、金融情報オンラインのZUU(4387)が640円安の5070円、東証中小型株ブレインパッド(3655)490円安の5960円、アウトソーシング(2427)、エン・ジャパン(4849)など人材派遣・働き方改革関連株も売られた。

日経平均指数寄与度の大きいソフトバンクグループ(9984)は386円安の7798円、同社株1銘柄で日経平均を43円押し下げた。上場2日目のソフトバンク(9434)は反発して14円高の1296円で取引を終えている。



銘柄 現在値 前日比 前日比率 出来高
1 1689  ETFS天然ガス上場 4 -1 -20.00% 1,225,100
2 8107  キムラタン 22 -3 -12.00% 631,100
3 7640  トップカルチャー 281 -38 -11.91% 57,600
4 2487  CDG 1,118.00 -134 -10.70% 16,600
5 8275  フオーバル 835 -100 -10.70% 26,400
6 4829  日本エンタープライズ 182 -21 -10.34% 428,600
7 9130  共栄タンカー 1,519.00 -165 -9.80% 4,900
8 6264  マルマエ 651 -70 -9.71% 266,000
9 6208  石川製作所 1,096.00 -115 -9.50% 89,800
10 6258  平田機工 4,815.00 -495 -9.32% 263,700
11 5986  モリテックスチル 381 -39 -9.29% 130,400
12 3180  ビューティガレージ 1,555.00 -159 -9.28% 72,300
13 6118  アイダエンジニア 675 -69 -9.27% 980,800
14 2427  アウトソーシング 1,020.00 -103 -9.17% 3,570,700
15 3649  ファインデックス 557 -56 -9.14% 227,100
16 2884  ヨシムラ・フード・HLDGS 509 -51 -9.11% 435,700
17 3205  ダイドーリミテツド 311 -31 -9.06% 106,900
18 7916  光村印刷 1,936.00 -191 -8.98% 5,700
19 9232  パスコ 744 -73 -8.94% 50,500
20 8081  カナデン 1,183.00 -116 -8.93% 43,000
21 6616  トレックス・セミコンダクター 1,221.00 -119 -8.88% 292,800
22 4406  新日本理化 144 -14 -8.86% 298,100
23 6218  エンシュウ 950 -92 -8.83% 84,300
24 2154  トラスト・テック 2,864.00 -276 -8.79% 295,900
25 6541  グレイステクノロジー 1,759.00 -169 -8.77% 551,600
26 5658  日亜鋼業 282 -27 -8.74% 69,700
27 3157  ジューテックHD 865 -82 -8.66% 10,700
28 6323  ローツェ 1,364.00 -129 -8.64% 151,700
29 1726  ビーアールホールディングス 320 -30 -8.57% 163,000
30 2183  リニカル 1,373.00 -127 -8.47% 60,400

コメント