ガンホーオンライン、大塚商会決算サプライズ株価はストップ高

東証ランキング ランキング

第三四半期決算発表シーズン(2018年10月-12月期)

株式市場では第三四半期決算発表シーズンで、好業績銘柄は上値を試す強い地合い、市場予想コンセンサス想定線で下落トレンドだった銘柄には悪材料出尽くし感から反発、好業績期待がコンセンサスに届かなかった場合は激しい失望売りを浴びせられるという相場展開が続いている。

パズドラが主力のスマホアプリゲーム会社ガンホーオンラインはポジティブサプライズ決算で急騰。企業向けITインフラサービス提供の大塚商会決算ポジティブサプライズでストップ高となった。

自動車部品のショーワがストップ高、これらの銘柄が値幅制限上限まで買われることは珍しい。ニチイ学館は教育事業の構造改革発表を評価して3日続伸、人材サービスのテクノプロホールディングスも好決算で買われた。




東証一部値上がり率ランキング(2019年2月4日)

銘柄 現在値 前日比 前日比率 出来高
1 3765  ガンホー・オンライン・エンター 317 65 25.79% 123,399,900
2 7274  ショーワ 1,633.00 283 20.96% 1,248,400
3 4768  大塚商会 4,240.00 700 19.77% 1,391,900
4 3724  ベリサーブ 6,660.00 1,000.00 17.67% 12,200
5 5337  ダントーホールディングス 121 18 17.48% 5,580,000
6 1945  東京エネシス 1,090.00 140 14.74% 342,000
7 3445  RSTECHNOLOGIES 3,065.00 336 12.31% 300,800
8 9682  DTS 4,425.00 485 12.31% 306,400
9 7595  アルゴグラフィックス 4,535.00 490 12.11% 162,900
10 4112  保土谷化学 2,814.00 299 11.89% 434,200
11 6848  東亜ディーケーケー 851 90 11.83% 391,700
12 7105  三菱ロジスネクスト 1,227.00 120 10.84% 149,000
13 8056  日本ユニシス 2,911.00 277 10.52% 1,546,300
14 6916  アイ・オー・データ 1,292.00 119 10.14% 75,500
15 4687  TDCソフト 891 79 9.73% 102,500
16 9739  日本システムウエア 2,043.00 179 9.60% 59,200
17 1848  富士ピー・エス 474 40 9.22% 43,100
18 6028  テクノプロ・ホールディング 6,200.00 510 8.96% 545,400
19 6379  新興プランテック 1,251.00 99 8.59% 232,100
20 4746  東計電算 3,105.00 245 8.57% 21,800
21 9792  ニチイ学館 1,207.00 94 8.45% 1,600,900
22 2327  新日鉄住金SOL 3,150.00 242 8.32% 716,900
23 1827  ナカノフドー建設 532 40 8.13% 98,800
24 5015  ビーピー・カストロール 1,346.00 101 8.11% 54,800
25 3371  ソフトクリエイトHD 1,442.00 108 8.10% 24,900
26 6768  タムラ製作所 610 45 7.96% 432,800
27 6222  島精機製作所 3,690.00 270 7.89% 543,800
28 3844  コムチュア 3,035.00 221 7.85% 273,900
29 4092  日本化学工業 2,540.00 184 7.81% 163,800
30 7732  トプコン 1,549.00 112 7.79% 854,600

コメント